7億円が僕のものに罹るなんて

7億円当たったら、、、一層3億円・1億円・2億円・1億円と隔絶。

愛らしい(?)実妹が住居の貸出を抱えるので、1億円を太っ腹の己は貸し届ける。エッ「やる」んじゃないのかって?こんな甘いことは言わない。貸すだけ。但し利子は取らない。無償貸し出しって人ですな。いやぁ、己君最良!

次に力添えになりっぱなしの両親に2億。とっくにね、世代も世代だし、貸すなんてことは言わない。あげましょう。販売ですよ。税鳴るのかな?

次に、1億円をいまひとつ近寄ってこなかった恐怖の厳しい運用に注ぎ込む。FXなり、装置投機なりの危険/ハイリターンな運用ね。全額負けてしまっても、それはそちら、自分にはそれの才覚が無かったと言うことで諦めましょう。それでも、利益が出たら再運用には使わずに、欲しいものを貰う。物にする。最初から買えばいいじゃんって思うでしょ。それは違う。最初から貰うのは浪漫が無い。儲かったら貰う。物は自分の手で稼ぎ出した儲けで貰う。そこに浪漫があるわけですよ。

最後に残る大台の3億。コレはね、すでに無難にメッチャ無難に、老後の備蓄にするよ。3億じゃ足りない。そんなにかもしれないけど、7億の内方3億は自分の老後に運用ですよ。こっちはね、浪漫じゃなく現状。リアルな現状。

どうですか。ホントに私に7億くれませんかねwhttp://www.adogableapparel.com/

7億円が僕のものに罹るなんて