立派しないできっとほとんどは募金します

 7億円もほとんど生涯で使いきれないと思うので、6億円は寄付する。国の経済が危険と言っているから、国々に寄付する日程ですが、もしも7億円当たった時に大難などで耐える要所があれば、それに寄付すると思います。国々に寄付しても政治自宅が無駄遣いしそうな場合は、運命性の居残る追求をなさるラボやキャンパスの追求室の我家、追求費が少なくて思うように追求が進んでいない所に分散して寄付したいとも考えています。

 1億円を手元に記したのは、両親の老後のリソースと自分のこれからの人生と老後のためです。よく老後は蓄え2千万あればいよいよ暮らせるって訊くので、それくらいでいいかなと思いました。2千万円では安いというスタンスもありますし。

 両親が要介護状態になった時、こちらは体力的にも両親を持ち合わせることはできないので、老人ホームを考えていますが、作業場や人間が十分な企業を探して入れてあげたいです。そのためには、それなりの費用がかかると思われます。

 両親に使って残る食い分にはコツをつけず、普通に今まで通りの暮らしをしていきたいです。些か賭けに回して運用して繰り返すかもです。そうして、それを自分の老後に入居する老人ホームの費用に充てたいです。私の没後残るお金は遺言書を残して置き、またどこかに寄付したいです。30日間無利息ローン

立派しないできっとほとんどは募金します